最新!  厚労省と消費者庁 改めて鶏肉の『加熱用』表示求める カンピロ食中毒対策「Q&A」通知(ニュース-2017.07.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年07月26日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


13年の食中毒 発生件数、患者数とも減少 卵およびその加工品も

2002.04.25発行
 厚生労働省がまとめた13年の食中毒発生速報によると、件数は1,924件(前年比85.6%)、患者数は25,732人(同59.4%)で、ともに過去5年間で最も少なかった。死亡者は前年と同じ4人で、いずれも家庭でのフグやきのこの自然毒が原因だった。500人以上の患者を出した食中毒も静岡の1件(11月、原因施設は仕出屋、病因物質は小型球形ウイルス)だけであった。
 県別で、発生件数の多かったのは(1)広島県(770件)(2)大阪府(79件)(3)東京都(76件)の順。患者数は(1)神奈川県(1,881人)(2)愛知県(1,555人)(3)広島県(1,530人)の順。発生件数、患者数とも7、8、9、10、11月が比較的多いが、ピークの山は低くなる傾向がある。
 食中毒の病因物質別では、事件数では95.4%が判明し、1位がカンピロバクター・ジェジュニ/コリの428件(前年469件)、2位がサルモネラ属菌の360件(同518件)、3位が腸炎ビブリオの308件(同422件)。患者数では91.3%が判明しているが、病因物質不明が最も多く2,234人となっている。判明したものでは1位が小型球形ウイルスの7,335人(同8,080人)、2位がサルモネラ属菌の4,912人(同6,949人)、3位が腸炎ビブリオの3,065人(同3,620人)。サルモネラ属菌は事件数、患者数とも減少を続けている。
 原因食品別では、不明が最も多いが、発生件数の43.1%に当たる829件、患者数では82.7%の21,291人が判明している。このうち「肉類およびその加工品」は発生件数55件、患者数1,039人(前年45件、761人)と増加しているが、「卵類およびその加工品」は34件、441人(同42件、1,043人)で、いずれも減少している(速報値では、病因物質と原因食品との関係などは不明)。
 原因施設でも不明が最も多いが、判明したものでは件数の1位が飲食店の470件(前年497件)、2位が家庭の205件(同311件)、3位が旅館の108件(同105件)。患者数の1位が飲食店の9,792人(同13,448人)、2位が旅館の3,918人(同3,406人)、3位が仕出屋の3,803人(同4,389人)となっている。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。