最新!  鶏肉に『加熱用』表示求める カンピロバクター食中毒対策で 厚労省と消費者庁(トップ記事-2017.04.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年04月26日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


タイ産鶏肉のモニタリング検査を強化 厚労省

2002.04.15発行
 厚生労働省医薬局食品保健部監視安全課は3月27日付で、タイ産鶏肉、ベトナム産エビなどのモニタリング項目を追加した。これは、EU常設食品連鎖・動物衛生委員会が3月19日に、タイ産鶏肉とベトナム・タイ産エビからニトロフランが、ミャンマー産エビから同クロラムフェニコールなどが検出され、これらの食品の検査を強化したことを受け、わが国でも検査を強化したもの。食品衛生法ではこれらの抗生物質の使用は認められていない。
 タイ産鶏肉については、輸入届出の10%の割合で(ニトロフラン系の)フラゾリドンとジフラゾンのモニタリング検査を実施する。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。