最新!  防疫対応のさらなる強化へ 薬剤耐性対策も強化 平成29年度家畜衛生主任者会議(トップ記事-2017.05.15)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月23日(火) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


卵殻を簡単に処理・資源化する三共EG−600C型

2002.03.05発行
 (有)三共技研(近藤則夫社長ー千葉県八千代市村上2090-10)は、卵殻を低コストで簡単に処理できる卵殻熱処理装置「三共EG−600C型」を開発、発売した。
同装置は、割卵で発生した水分を含んだままの卵殻でも、一定時間おきに定量ずつ順次、約1000度Cの熱処理装置に投入して行けば、卵殻がほぼ10分の1に減量された製品(灰)となり、肥料にも利用可能になるなど、作業が簡単で、ランニングコストが非常に低く抑えられる画期的なもの。詳細は、同社(電047-482-4855)へ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。