最新!  主要産地の出荷計画は1.0%増 平成29年度ブロイラー(ニュース-2017.03.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年03月27日(月) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


実りのフェスティバルを開く

2001.11.25発行
 実りの秋に感謝する、第40回農林水産祭『実りのフェスティバル』(主催・農林水産省、(財)日本農林漁業振興会)が11月9日から11日までの3日間、東京・有明の東京ビッグサイトで開かれた。同フェスティバルには、47都道府県と31の農林水産団体が出展し、地域自慢の特産品を即売していたほか、各団体の取り組みを紹介、本紙関係では全農と(社)日本養鶏協会が出展していた。
 全農は、市民農園に見たてたJAひろばを設け、身近に農業がある良さをアピールしていた。
 日本養鶏協会は、パネルやビデオ放映、「たまごのおはなし」などのパンフレットを配布して、鶏卵消費や賞味期限をPRしたほか、卵と賞味期限に関するアンケートを答えると抽選で目覚し時計などが当たる抽選会には、開始前から長蛇の列ができ、途切れることがないほどの人気であった。
 天皇杯コーナーでは、採卵鶏で初となった北栄産業(有)ら受賞者の業績がパネルで紹介されていたほか、就農啓発コーナーや日曜大工コーナー、乗馬体験コーナーなども設けられ、家族連れなどで大いににぎわっていた。都道府県の出展コーナーでは、秋田県が比内鶏の鶏めし、茨城県がたまごプリン、東京都が東京軍鶏カレー、愛知県が名古屋コーチン卵、佐賀県が卵油などを即売していた。
 写真は日本養鶏協会のブース



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。