最新!  東は長雨、西は猛暑が影響 ひなは不足気味に推移 食鳥協理事会(ニュース-2017.09.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年09月27日(水) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


BSE対策検討会を開く

2001.10.15発行
 農林水産省は、10月5日に東京・三田の三田共用会議所でBSE(狂牛病)対策検討会を開いた。検討会では、農水省の対策本部長の遠藤武彦副大臣が「検討会の結果がまとまるまで肉骨粉の使用を全面停止した。可能な限り速やかな結論をお願いしたい」などとした。
 座長に熊谷進東京大学大学院教授を選任して各委員の意見を聞いたが、生産者代表や食肉販売、スーパー、焼肉店、消費者代表委員からは、牛肉への不安感が広がっており、科学的な対策を行ない、一刻も早い安全宣言ができることを期待する意見が多かった。
 また、輸入・国産とも全面的に販売・使用停止となっている肉骨粉については、「レンダリング業者が牛や豚の残さを受け取らない。このままでは食肉の流通ができなくなる」との意見があったほか、本紙関係では、「科学的に問題のない鶏や豚まで消費者は不安を感じており、国はこの不安払しょくのため最大限の努力を払ってほしい」などの意見が出された。
 検討会では、今後@肉骨粉の利用のあり方A畜産物の安全性の確保B畜産リサイクルの確保――などについて、年度内に会合を数回開いて話し合う。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。