最新!  関東GPセンターが竣工 マルトグループのパートナーズ 最新鋭設備でコストダウン図る(ニュース-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月26日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


種卵、鶏卵保冷用「ウェットエアー倉庫」を新発売

2001.05.05発行
東京電力(株)と東洋熱工業(株)は、このほど安価な夜間電力を利用した氷蓄熱システム・ウェットエアークーリングシステムを採用した『ウェットエアー倉庫』を開発。同機を導入した群馬県の丸天農園養鶏孵化場(小保方昭五郎社長)では、種卵の保存状態が格段に良くなり、孵化率やヒナ質が向上するとともに、電力料金も低圧蓄熱調整契約をしたため、「電気代も思った以上に安くなった」(小保方社長)と新システムを高く評価している。詳細は、東洋熱(株)東京工場(電話03-3529-1011、高本氏)、または東京電力(株)群馬支店蓄熱グループ(電話027-890-1211)まで。写真は、「ウェットエアー倉庫」2坪タイプ。



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。