最新!  関東GPセンターが竣工 マルトグループのパートナーズ 最新鋭設備でコストダウン図る(ニュース-2017.05.25)

 ホーム    トップ記事    ニュース    新製品    特集    統計    リンク   鶏卵相場(全農)   おくやみ   イベント情報 

2017年05月26日(金) 記事検索    過去の記事一覧
 メニュー
 ホーム
 トップ記事
 ニュース
 新製品
 特集
 統計
 リンク

 マーケット
 鶏卵相場(全農)

 コミュニティー
 おくやみ
 イベント情報


新聞購読の申し込み


鶏ロイコチトゾーン病ワクチン『北研』を新発売

2001.04.05発行
 第一製薬(株)(本社・東京)は3月15日、(社)北里研究所が開発した鶏ロイコチトゾーン病ワクチン『北研』を、4月10日から新発売するのを記念して、東京・京橋の同社会議室で、加藤宏光(株)PPQC研究所社長、五反田亨(社)北里研究所生物製剤研究所開発研究部門長補佐を講師に招き講演会を開いた。
 鶏ロイコチトゾーン病ワクチン『北研』の主な特長は、(1)鶏ロイコチトゾーン病に対する世界で初めてのワクチンで、遺伝子組み換え技術を応用して作られている(2)1回の接種で予防に必要な抗体価が得られる(3)接種後早期(2週以内)に抗体が上昇し、鶏ロイコチトゾーン病の流行期を通じて予防効果を発揮する――など。問い合わせは第一製薬(株)特約事業部の高橋氏(電03-3535-8167、F03-3535-7170)まで。
写真はワクチンの特長などについて講演する(社)北里研究所の五反田亨氏



ご質問、ご意見、相互リンク、広告の掲載等につきましては、info@keimei.ne.jpまで。
本社:〒104-0033 東京都中央区新川2-6-16
TEL 03(3297)5556  FAX 03(3297)5558
掲載のデータ文章の著作権は鶏鳴新聞社に属します。